原状回復とその工事|マンションの劣化が気になったら大規模修繕を行おう
婦人

マンションの劣化が気になったら大規模修繕を行おう

原状回復とその工事

フロア

オフィスやテナントなどとして賃貸物件に入居した後、退去する際には原状回復工事を行う必要がある。個人において賃貸住宅に入居し、原状回復工事を行う場合、通常は大規模な工事とはならず、クロスの張り替えなど小規模な改修となることが多い。しかし、企業がテナントなどとして賃貸物件を利用した場合には、内部を改装して利用していることが多く、元に戻すために大幅な原状回復工事が必要になることが多くなっている。個人での原状回復においては、個人消費者を保護するという点から自然消耗などは原状回復義務が発生しないことが通常である。しかし、企業においてはそれらが適用されないことも多く、元の状態に戻す必要がある。その為、多くの資金が必要になるため、低コストで改修してもらえる業者利用が良い。

オフィスなどがテナントとして利用した賃貸物件で原状回復工事を行う場合、どの状態まで回復すべきかをオーナーと合意しておくことが重要である。入居企業とオーナーの間で、原状回復の程度が異なっている場合、トラブルになる恐れがあるためである。入居しているうちに、壁や設備などについては経年劣化するため、それらをどの程度まで戻すことで原状回復とするかの合意をしておくことで、トラブル回避が可能になる。賃貸オフィスの原状回復では、坪当たり2万円程度が相場となっている。その為、多くのフロアを借りていた場合には、原状回復工事の費用負担も大きくなる。これらについては、オーナーとの合意などにより改修する範囲が異なってくるため、確認が重要である。