失敗しないために|マンションの劣化が気になったら大規模修繕を行おう
婦人

マンションの劣化が気になったら大規模修繕を行おう

失敗しないために

工事現場

計画を立てる

マンション等の分譲住宅の場合、その資産価値を減らさないためにも大規模修繕は必須ですし、会社の場合は、外観は顔そのものですから大規模修繕は必要です。ただ、大規模修繕は多額の費用がかかるため、その場その場で簡単に出来る物ではありません。大規模修繕をするためにも、事前にしっかりとした計画を立てることが大切です。その際には、次回一回だけではなく長期計画も同時に立てる工夫をする事がポイントです。大体平均すると、大規模修繕は10〜15年に一回行うのが普通のようです。この年数を参考にして計画を立ててしまえば、それに向けての資金調達等も計画的に行うことが可能です。また、同時に計画を大規模修繕を依頼する業者とも共有しておけば、実行時期が近付いてきた際の打ち合わせもスムーズに進みますので、情報の共有は大切です。

知識は必要

大規模修繕は多額の費用を使う為、失敗は許されません。その為にも、全てを業者任せにせず自分達でも知識を身に付ける事が大切です。企業で大規模修繕を行う際には、大規模修繕専門のチームを作るのも一つの手です。チームで勉強会を行い、お互いに勉強内容を発表しあい知識の習得を目的とします。知識さえ持っていれば、業者とも内容の濃い打ち合わせを行う事が出来ますし、事前に見積もりを貰った上で、違う部分は自信を持ってNOと言う事が出来るようになります。また、会社が自社ビルで無く賃貸の場合は、大規模修繕を行う場合も管理会社の責任範囲と自社の責任範囲を理解する必要があります。そのような場合も、自社で専門のチームがあれば対応がし易くなるのでオススメです。