最適な対策のために|マンションの劣化が気になったら大規模修繕を行おう
婦人

マンションの劣化が気になったら大規模修繕を行おう

最適な対策のために

修理業者

給水設備の修繕は、マンション大規模修繕で重要項目の1つです。給水管赤錆対策は、給水管の劣化を防止し耐用年数を伸ばすので、修繕費用の大幅な削減に役立ちます。給水管赤錆対策としては、給水管の洗浄や補修、交換などがありますが、工法は企業により異なることも多いです。給水管洗浄には、圧縮空気の衝撃で赤錆を除去する工法や、過酸化水素水などの薬品を使用する工法があります。工法にもよりますが、比較的コストが低く、工期も短いのが特徴です。ライニング工法は、給水管内の赤錆を削り取り、樹脂でコーティングします。赤錆の除去方法と使用される樹脂は複数ありますが、サンドブラストで除去し、エポキシ樹脂でコーティングする工法が多いです。コストが高く、工期は数日かかります。磁気式装置工法は、給水管に装置を設置し、磁界などを利用して赤錆の防止と除去をします。コストが低く、工期も1日程度で終了します。他にも、赤錆の発生しない水に改質させるなど、多くの工法がありますので、事前検査などを行い最適な給水管赤錆対策を選択します。

給水管赤錆対策の選択では、コストや工期だけでなく、施工による効果や、施工後の維持・管理も重要になります。給水管洗浄は工法にもよりますが、効果に即効性があります。ただし、赤錆を除去しただけですので、洗浄後の対策を考慮する必要があります。ライニング工法は、樹脂でコーティングされるので、効果がすぐに現れ、維持できます。磁気式装置工法は、設置から効果が出るまでに時間がかかりますが、長期間の維持が可能です。また、給水管の状態によっては、交換が必要になる場合もあります。給水管交換は根本的な解決策となりますが、マンションの大規模修繕では、コストと工期の負担が最も大きいです。ただし、工場のように露出配管が可能であれば、それらは大幅に削減できます。